SEOで検索エンジン上位表示!猿でも出来るSEO対策

新着情報などのご紹介です!
猿でも出来るSEO対策サーチエンジンへの登録基準が変わりました。あまりにもスパム行為が多い為です。登録をご希望の方はこちらから仮登録後、こちらから申請済みの連絡をお願いします。
【PR】無料で効果絶大の情報は、イッキヨミ!でGET。

ディレクトリ名とファイル名

特に、英数文字がキーワードの方は
要チェック!

当たり前の話ですが、ホームページを作っていく際に必ず必要となってくるのがページです。ページが無いとホームページじゃないですよね?

まず、トップページがあってその下に、様々なセールス文章のページであったり販売ページなどを作って行きますよね?そこで、すでにホームページを作成された方は思い出していただきたいのですが、ページを作る際に、ファイル名やディレクトリ気にして作っていましたでしょうか?

実は、このファイル名やディレクトリ名ってSEO対策を行なう上で意外な力を見せてくれる事が多々あるんです!

更に、あなたのホームページで扱っている商品や情報、重要と考えているキーワードが英数字の場合、必須の対策となります。

ファイル名・ディレクトリ名って一体何?

ファイル名とは、作成するファイルの名称のことですが、トップページを作る場合「index.html」「index.htm」「index.php」「index.asp」・・・といった感じで通常indexを用います。皆さんもそうですよね?これがトップページで言った場合のファイル名になります。

次に、ディレクトリ名とはそれらのファイルを格納しておくための箱の名称と思っていただけたら良いかと思います。フォルダと表現した方がいいのでしょうか?

では、実際に作って行く場合トップページ以外のページ名やディレクトリ名については、皆さんはどのような名称を付けていますでしょうか?

これって実は、自由なんです!通常半角英数でつけるという決まりはありますが、名前の付け方自体は基本的に自由です。

皆さんも実際に付けている名称を見てください。ご自分で決定されたか、管理を任せている方が、フィーリングや管理を行なう上で管理しやすい名称などを付けているのではないでしょうか?

もしも、何も考えずに、ただ管理面の事だけを考慮して名前を付けていた場合あなたのホームページは、損してますよ!

損という表現が適切かどうかは分かりませんが、確実にある可能性を閉ざしてしまっていると思われます。

何故か?・・・・・

ディレクトリ名・ファイル名から人が来る?

おかしな話ですが、このディレクトリ名やファイル名だけで沢山の人が訪れて来る事も、実は多々あるんです。

例えば、当サイトを例に上げてみたいと思います。当サイトでは、簡単なサーチエンジンを設置して、皆さんが自分のカテゴリーにあったものを選択し、登録を行なえるようにしています。

猿でも出来るSEO対策 サーチエンジン (ご自由に登録してください。)

こちらのページを1度ご覧いただきたいのですが、「猿でも出来るSEO対策 サーチエンジン」となっていますよね?サーチエンジンです、サーチエンジン!!

では次に、少々面倒ですがためしにyahooで「seosearch」と検索をかけていただけますでしょうか?(ここからも行けます←クリック)

すると検索権結果の18番目に上記のサーチエンジンが表示されていますよね?(2006年5月現在)

seosearch検索結果 yahoo

では、Googleでも同様に「seosearch」と検索をかけて見てください。
ここからも行けます←クリック)

今度は、5・6番目に表示されています。(2006年5月現在)

あれっ?何かおかしいですよね?

「猿でも出来るSEO対策 サーチエンジン」ですよね?
サイトの中身をもう一度見ていただけないでしょうか!

猿でも出来るSEO対策 サーチエンジン

やっぱりおかしいですよね?タイトルにもページの中身にも「seosearch」なんて単語出てきていましたか?キーワードにももちろん無いはずです。

じゃあ何故「seosearch」というキーワード検索で「猿でも出来るSEO対策 サーチエンジン」が検索に引っ掛かっているのでしょうか?

そうです!トリックは
ディレクトリ・ファイル名にあるんです!

先ほどのGoogleとYahoo!双方の検索結果の画像、種明かしをすると以下のような結果が得られます。

seosearch検索結果 yahoo

もうお分かりですよね?検索エンジンはページ上には何処にも無いはずの
「seosearch」というキーワードをディレクトリ名やファイル名からはじき出す場合があるのです。

URL:http://www.operationcheck.com/search/seosearch/yomi-search/yomi.cgi

上記の場合のキーワード自体の重要性はともかく、実際に、この様な現象は多々起きているのが現状です。この事を知っていてホームページを作るのと、作らないのとでは長いスパンを考えると、一目瞭然ですよね?

ですので、今回の場合SEOという英数のキーワードとしてマッチしていますがみなさんが重要としているものが、日本語のキーワードの場合も、直接日本語をファイル名には出来ませんが、関連させたキーワードをファイル名やディレクトリ名にすることによって、多少の効果は期待できる部分があると思います。

ファイル名やディレクトリ名はほとんどの場合、1度決めてしまったら変更する必要はなく、ほったらかしにしておくことが多いのではないでしょうか?

なので、ホームページをこれから作成される方は、今回の事例を頭の片隅におきながら、ホームページを作成をされると良いかと思います。

また、現在ホームページをお持ちで、SEO対策をお考えの方はファイル名やディレクトリ名の変更を検討されてみてはいかがでしょうか?

サイトの規模が大きい場合修正作業は大変だと思いますが、1度作ってしまえばめったに変更する必要もない部分だと思いますので。

長期戦で、少しずつ修正されていかれることをお薦めいたします。

お客様や訪問者は、私達サイト運営者が思っても見ないようなキーワードで検索されたり、信じられないような所から訪れたりします。その逆で訪問する側も、想像もしていなかったサイトに出会えたり、それ以上の結果に出会える事もあります。

そのために私達管理者が出来ることは、少しでも多くの間口を訪問者に対して用意しておく事では無いでしょうか?

些細なことかもしれませんが、その積み重ねや配慮がSEO対策に自然と繋がって行くのだと私は考えています。

些細なことの積み重ねが大きな結果をつれてくることもあるのです。

 
当サイトが週間SPA!より取材を受け「集客のキモ、SEOに効果的なテクニック!」として掲載されました。

週間SPA!より取材を受けました。

猿でも出来るSEO対策メニュー
SEO対策初心者はココから!
Yahoo!ディレクトリ登録でSEO
猿でも出来るSEO対策(基本編)
こんな事でもSEO対策
ちょっぴり高度なSEO対策
SEOスパム
便利なSEO対策ツールを紹介
免責事項とコンタクト
Powerd by Jigsaw
W3C CSS
W3C XHTML

上記の「W3CCSS」と「W3CXHTML」のバナーをそれぞれクリックしてみて下さい。もしW3C勧告に従い、正しいホームページ構成になっていれば、リンク先のようにバナーの使用を許可する文章が表示されます。ご自身でも調べてみたい方は、CSSを調査!でCSSが、HTMLを調査!でHTMLがそれぞれ調査できます。

上手く表示されない場合、セキュリティーソフトなどが問題となる場合があります。

クリックで救える命がある