SEOで検索エンジン上位表示!猿でも出来るSEO対策

新着情報などのご紹介です!
猿でも出来るSEO対策サーチエンジンへの登録基準が変わりました。あまりにもスパム行為が多い為です。登録をご希望の方はこちらから仮登録後、こちらから申請済みの連絡をお願いします。
【PR】無料で効果絶大の情報は、イッキヨミ!でGET。

こちら馬鹿ではSEO対策にならず

知らないうちに、あなたもこちら馬鹿?

みなさん「こちら馬鹿」って知ってますか?

知らない?・・・、当然です私が命名しました。

では、一体こちら馬鹿とは何のことを言っているのでしょうか?
こちら馬鹿とは、ホームページ上で「こちら」を多用している人の事を言っています。あぁっ、当然SEO対策を考えた場合の話ですので、SEO対策を考えていない人は、幾らこちらを使われても「こちら馬鹿」に該当しないので、気になさらないで下さい。

では、何故ゆえに、
こちら馬鹿とまで言われてしまうのかをご紹介いたします。

SEO対策を行なう上で、キーワードを上手く絡めていくお話を、以前にもご紹介いたしましたが、あまりにもこちら馬鹿が多いので、別件としてお話いたします。

まずは、以下のyahoo検索結果の画像をご覧下さい。

こちらの検索結果

ひらがなで「こちら」を検索。↑

コチラの検索結果

カタカナで「コチラ」を検索。 ↑

これらの検索結果をご覧頂き、お気づきになった事がはりませんか?
なぜ「こちら」と検索すると、このようにAbobe ReaderやYahoo!、Macromedia、Windowsが検索上位に表示されるのでしょう?

これも以前にお話した、リンクに関係してきます。まず、一番に表示されているAbobe Readerですが、多くのサイトがPDFという形式のファイルを使用していますが、PDFファイルは通常Abobe Readerをインストールした環境じゃないと閲覧する事が出来ません。

そこで、ほとんどのサイトは親切に、「Abobe Readerをインストールしていない方はこちらからダウンロードできます。」と明記してリンクを貼ってくれています。このリンク数が、検索結果で上位に表示されているトリックなのです。

以下の、Yahoo!も18歳未満はこちらでよく使われていますし、MacromediaはFlashプレイヤーのダウンロードはコチラでよく見ます。Windowsに関しても最新バージョンはこちらから!とかよく見ますね。

ここでSEO対策において、少し細かい事かもしれませんが、「こちら」はなるべく使わないようにして下さい。なぜって?・・・意味が無いからです。

例えばワインの販売サイトを運営していたと仮定して、以下のような注文文があったとしましょう。

ご注文はコチラから。 ←う〜ん、よく見ますね!

これではハッキリ言って、キーワードも何も関係ない常態です、損してますよ!
しかし、次のような注文文があったらどうでしょうか?

○○○ワインを注文する。

この場合だと、販売したい商品名や、ワインという自社がアピールしたいキーワードを絡めることが出来るので、キーワード出現率から考えても有利に働いてくれることが分かります。

ようは、使えるSEO対策はとことんやってしまいましょう!という事です。
今回の「こちら」は、少し細かい事かもしれませんが、一度意識してしまえば、次からは作成時に必ず頭に浮かぶようになります。

本当に些細なことですが、キーワード出現率を自分で調査した場合に、出現頻度の1番、2番に「こちら」や「コチラ」その他にも、「です」や「ます」、「た」などが出ている人は、今回のこちら馬鹿の事を思い出してみてください。

「こちら」部分を多用されている方は、「こちら」変え、キーワードを絡めた文章にすることによって、キーワード出現率を変えれる場合もあります。やはり出現頻度の一番には、キーワードが来るのがベストですので。

また、「です」や「ます」、「た」などが出現頻度の上位を占めていた場合は、文末を変更してみてください。人間文章の書き方には癖があります。少し変えてやることによって、いつもと違う雰囲気を出せたりもしますよ!

そして、あまりにも「こちら」を多用している人は、今一度確認されてみてはいかがでしょうか?だって単純にもったいないじゃないですか、キーワードを絡めれるのに絡めないと!

※キーワードを不自然に大量に書きまくって、キーワード出現率を上げまくった場合、スパム行為ととられてしまう場合がありますので、自然な流れで行って下さい。

 
当サイトが週間SPA!より取材を受け「集客のキモ、SEOに効果的なテクニック!」として掲載されました。

週間SPA!より取材を受けました。

猿でも出来るSEO対策メニュー
SEO対策初心者はココから!
Yahoo!ディレクトリ登録でSEO
猿でも出来るSEO対策(基本編)
こんな事でもSEO対策
ちょっぴり高度なSEO対策
SEOスパム
便利なSEO対策ツールを紹介
免責事項とコンタクト
Powerd by Jigsaw
W3C CSS
W3C XHTML

上記の「W3CCSS」と「W3CXHTML」のバナーをそれぞれクリックしてみて下さい。もしW3C勧告に従い、正しいホームページ構成になっていれば、リンク先のようにバナーの使用を許可する文章が表示されます。ご自身でも調べてみたい方は、CSSを調査!でCSSが、HTMLを調査!でHTMLがそれぞれ調査できます。

上手く表示されない場合、セキュリティーソフトなどが問題となる場合があります。

クリックで救える命がある