SEOで検索エンジン上位表示!猿でも出来るSEO対策

新着情報などのご紹介です!
猿でも出来るSEO対策サーチエンジンへの登録基準が変わりました。あまりにもスパム行為が多い為です。登録をご希望の方はこちらから仮登録後、こちらから申請済みの連絡をお願いします。
【PR】無料で効果絶大の情報は、イッキヨミ!でGET。

恐怖のSEOスパム!

SEOスパムとは一体なんだろう?

ここではSEOスパムについてお話していきたいと思います。

皆さんはスパムという言葉をご存知でしょうか?最近よく耳にするのが、スパムメールという言葉でしょうか?またセキュリティーソフトなどには、スパムブロックとかスパム防止機能搭載といった事が書かれているのをよく見かけます。

現在では、本来の持つ意味とは違ってきていますが、現在で言うスパムとは、迷惑行為又は卑劣な行為そのものを指す場合が多いようです。

スパムメールも皆さんご存知の通り、うっとおしいですよね?

実はSEO対策にもスパムというものがあるのです。

一体誰に対してそんな迷惑な行為を行っているかといいますと、検索エンジンロボットに対してです。自分ではスパムなんて行なっていないつもりでも、もしかすると検索エンジンからはスパム行為として認識されているかもしれません。

では、具体的に代表的なSEOスパムについてご紹介いたします。

よくぞここまで考えた!不正の数々

  • 背景色と同色の文字で大量のキーワードを埋め込む。
  • 目に見えないくらいのサイズでキーワードを記述する。
  • CSSを使いキーワードを見えなくして記述する。
  • 意味の無い大量のページを無造作に作る。
  • 同じ内容のサイトを複数運営する。
  • 非フレームページに<noframes>タグを使用する。
  • 各種スクリプトなどによるリダイレクト。
  • クローキング(ロボットのみに読ませるページ)の生成。

等々上げていったらきりがないほどスパム行為は存在します。悲しいかな、人間は悪い事にはとても良く頭が働くものです。皆さんの中に、こういったスパム行為を行っている方がいた場合、即座に中止されることをお薦めします。

検索エンジンは「馬鹿」ではありません。以前にもお話した様に、日々進化をしています。これだけスパム行為があからさまになっているのに、何の手立ても打たないわけがありません。

もちろん現在ではこれらの行為は、全く持って意味がありません。いえ、逆にこれらの行為を行なった方は、厳しい罰やペナルティーが科せられてしまう場合があります。

それは厳しいものです。

例えば、これらの過剰なスパム行為によってサイトがブラックリストに載ってしまった場合、どんなに優良な情報を提供していようとも、検索エンジンに上位表示されることはなく、永遠に真っ暗な、闇の中を歩んでいかなければなりません。

また、相当悪質な場合検索エンジンからの永久追放もあるようです。さすがに私の周りにはここまでなった人はいないですけど・・・。

しかし、それが悪質なSEOスパム行為を行なった代償なのです。

そして、スパムと認定されてしまったあなたは、インターネット業界では永遠に罪の十字架を背負って生きていかなければなりません。

というのは冗談です!

スパムに認定された場合、確かに検索エンジン上位には表示されなくなります。これは間違いありません。

もしも、つい最近まで5位に表示されていたのに、急に何処にも見当たらなくなった???というような方は、スパム認定を受けた可能性があるので、最近ご自身が行なった、SEO対策をもう一度振り返ってみてください。

そして思い当たる部分、例えば隠しテキストやミラーサイトを作ったならば、それらの行為を直ちに止めて、綺麗なホームページに戻してやってください。

そして再度Google等、検索エンジンに登録を行ないましょう。

そうすると、あら不思議!

また、もとの順位(近い)に戻って表示されているではありませんか!(再登録が反映されるまでの時間はまちまちです。)

このように、現在では悪質な行為を行なう業者が増えてしまったため、検索エンジン側も厳しい措置を取らざるおえないのです。

何事にも裏と表があるように、SEO対策にもあります。しかし、こざかしいく、いかがわしいSEO対策をしていても、いつかは崩壊してしまいます。
仮に現在は効果抜群の対策でも、半年後にはスパムと認定される場合もあるかもしれません。

それは今の私には分かりません。

しかし、胸を張って自慢できるSEO対策を行なっていれば、決してその様な被害や巻き添えになることは無いと思っています。

ですので、今後SEO対策に力を入れられる方は安易な噂話や、美味しい情報にすぐに手を出すのではなく、一度人に話せるか考えてみてください。

もし、それらの対策を他人に話せないのであれば、その対策を私はお薦めしません。話せないということは、ご自身の中に何か後ろめたい気持ちがあるからではないでしょうか?

SEO対策とオリンピックの関係

SEO対策って、ある意味スポーツだと思いませんか?

全世界のスポーツマン(同系サイト)相手にどれだけの結果が出せるか?そしてオリンピック級の大会(上位)へ進めるのはごくわずかです。そのオリンピックを目指そうとする選手がドーピング等不正を行なえば、必ず発覚します。

仮に、うまく検査を通り抜け、結果を出し続ける事が出来たとしても、それらの不正な行為は自分自身の体への負担となってきます。そして、自らの体(表示結果)を滅ぼすのです。

そうです、自分自身で自らのサイトを潰してしまうのです!

そうならないためにも、
正々堂々自慢できるSEO対策を行なって行きましょう!

 
当サイトが週間SPA!より取材を受け「集客のキモ、SEOに効果的なテクニック!」として掲載されました。

週間SPA!より取材を受けました。

猿でも出来るSEO対策メニュー
SEO対策初心者はココから!
Yahoo!ディレクトリ登録でSEO
猿でも出来るSEO対策(基本編)
こんな事でもSEO対策
ちょっぴり高度なSEO対策
SEOスパム
便利なSEO対策ツールを紹介
免責事項とコンタクト
Powerd by Jigsaw
W3C CSS
W3C XHTML

上記の「W3CCSS」と「W3CXHTML」のバナーをそれぞれクリックしてみて下さい。もしW3C勧告に従い、正しいホームページ構成になっていれば、リンク先のようにバナーの使用を許可する文章が表示されます。ご自身でも調べてみたい方は、CSSを調査!でCSSが、HTMLを調査!でHTMLがそれぞれ調査できます。

上手く表示されない場合、セキュリティーソフトなどが問題となる場合があります。

クリックで救える命がある