SEOで検索エンジン上位表示!猿でも出来るSEO対策

新着情報などのご紹介です!
猿でも出来るSEO対策サーチエンジンへの登録基準が変わりました。あまりにもスパム行為が多い為です。登録をご希望の方はこちらから仮登録後、こちらから申請済みの連絡をお願いします。
【PR】無料で効果絶大の情報は、イッキヨミ!でGET。

強調タグを正しく使えばSEO対策

強調タグって何だろう?

ここでも少々口うるさいようですが、SEO対策は正しいHTMLの考えの下に存在するといっても過言ではありません。今回お話しする、強調タグについても、この考えは同じです。では、強調タグとは、一体何なんでしょうか?

文字通り、強調タグとは、強調するタグのことです。

文章中で、より強調したい部分に適応させることによって、何処の部分が文章の中で強調している部分なのかを指定することが出来ます。
・・・・・もうお分かりですよね?

そうです。ご自身が指定しているキーワード部分に、これら強調タグを正しく使う事によって、SEO対策に活用できるのです。

強調タグの種類

実は、強調タグにもいくつかの種類があります。これらを正しく使わなければ、あまり意味がなくなってしまいます。では、どの様な種類があるのか見てみましょう。

big(大きな文字)small(小さな文字)u(下線)s(取消線)
i(イタリック)b(太字)em(強調)strong(より強調)

ソース部分
<big>big(大きな文字)</big>、<small>small(小さな文字)</small>、
<u>u(下線)</u>、<s>s(取消線)</s>、<i> i(イタリック)</i>、
<b>b(太字)</b>、<em>em(強調)</em>、<strong>strong(より強調)</strong> bigsmallは非推奨要素です。

ざっと、この様な感じでしょうか!意味に関してはかっこ内で説明している通りです。さて、この中でも最重要なタグがありますが、もうお分かりですよね?

そうです!strong(より強調)です。

一見b(太字)strong(より強調)は見た目は同じなんですが、意味は全く違ってきます。<b>とは太字を表し、一般的には装飾的な部分で使われる事が多いです。<strong>は意味がある文章や単語に使うことによって、使用箇所に対して重み付けを行うことができます。

また、斜体文字にする比較的弱い強調は、<i>斜体文字</i>と<em>強調</em>がありますが、こちらはどちらを使っても大きな差は無いようです。

多くの方は、これらの強調タグを、少し勘違いして使っています。特に意味も無く強調したり、装飾的なデザイン面での使用をされている場合が多く見受けられます。

デザインで使う場合は、これらの強調タグを使用せず、SCCで文字の大きさや色、斜体文字などの設定を行なうことをお薦めいたします。

特に、ホームページビルダーというソフトでホームページを作成された方はもう一度強調部分を再確認されることをお薦めします。というのは、ホームページビルダーで強調を選択されると、自然と<b>になってしまうようなので、強調という意味で使用されている場合は、<strong>に直してください。

また、これらのタグも同様に正しく使うことがSEO対策に繋がってきます。

ページ全部を強調したり、キーワード全てを選択したりと、程が悪い使用は返って逆効果を生む要素となってしまいますので、必ず意味を考えてマークアップを行なうようにして下さい。


※装飾目的の為だけに、文字を太くしたり、色を変えられる場合は
必ずCSSを使っての指定を行って下さい。

 
当サイトが週間SPA!より取材を受け「集客のキモ、SEOに効果的なテクニック!」として掲載されました。

週間SPA!より取材を受けました。

猿でも出来るSEO対策メニュー
SEO対策初心者はココから!
Yahoo!ディレクトリ登録でSEO
猿でも出来るSEO対策(基本編)
こんな事でもSEO対策
ちょっぴり高度なSEO対策
SEOスパム
便利なSEO対策ツールを紹介
免責事項とコンタクト
Powerd by Jigsaw
W3C CSS
W3C XHTML

上記の「W3CCSS」と「W3CXHTML」のバナーをそれぞれクリックしてみて下さい。もしW3C勧告に従い、正しいホームページ構成になっていれば、リンク先のようにバナーの使用を許可する文章が表示されます。ご自身でも調べてみたい方は、CSSを調査!でCSSが、HTMLを調査!でHTMLがそれぞれ調査できます。

上手く表示されない場合、セキュリティーソフトなどが問題となる場合があります。

クリックで救える命がある