SEOで検索エンジン上位表示!猿でも出来るSEO対策

新着情報などのご紹介です!
猿でも出来るSEO対策サーチエンジンへの登録基準が変わりました。あまりにもスパム行為が多い為です。登録をご希望の方はこちらから仮登録後、こちらから申請済みの連絡をお願いします。
【PR】無料で効果絶大の情報は、イッキヨミ!でGET。

Yahoo!ディレクトリ登録とは?

Yahoo!登録は必須項目!?

いきなりですが答えはYESです。

皆さんはYahoo!ディレクトリをご存知でしょうか?もしかすると、これからサイトを立ち上げられる、初心者の方もいらっしゃるかと思うので、ここで簡単にですが、Yahoo!ディレクトリ登録についてご説明しておきます。

まず、Yahoo!ディレクトリとは、Yahoo!が独自に分類分けを行なっている大規模なカテゴリー郡だということです。以下のような画面をご存知でしょうか?

yahoo!カテゴリ図

そうです!Yahoo!Japanのトップページの下にある、いつも見ているコレのことなんです。この事をYahoo!ディレクトリ又は、Yahoo!カテゴリと読んでいます。

実際にクリックして進んでいくとよく分かるのですが、カテゴリの階層は深く、様々なカテゴリの種類があることが分かるかと思います。実は、ここに登録されるということは、大変大きな意味を持っています。

なぜかというと・・・・・。

実は、多くの人がYahoo!カテゴリから
訪れるのです!

嘘みたいな話ですが、本当なんです。(登録カテゴリによって違います)

さすがは日本最大のポータルサイトYahoo!Japanです。
だてに、1日約12億のPV(ページ・ビュー/閲覧数) をたたき出しているわけではありません。

ここで、「Yahoo!カテゴリなんて使わないよ!」とおっしゃる方は、多分ほとんどの方がパソコン暦が長いか、あるいはインターネットやパソコンに詳しい方なのではないでしょうか?そういった方々は、確かにYahoo!カテゴリは使わない傾向が強いようですね。

しかし、世の中そんな人達ばかりではありません。

最近パソコンを始めた方もいれば、インターネットにそれほど詳しくない人も沢山いますし、実際そういった方々の方が、比率としては高いようです。

一概には言えませんが、そういった方はYahoo!カテゴリの使用頻度は高いように感じるのも事実です。まあ、初心者だから使う、使わないという論議は別として、ここから訪れる人が圧倒的に多いのは事実です。

私自身、様々な業種のアクセス解析を拝見する機会があるのですがやはり、Yahoo!カテゴリからの訪問者が、群を抜いて多いのは事実です。
逆に、Yahoo!登録をされていない方のアクセス解析は、訪問者が非常に少ないという傾向があります。(平均としてです。)

ということは、答えは非常に簡単ですよね?
そうです!Yahoo!に登録しちゃえばいいんです!

そうです、アクセス数が多い・得れるということは、それだけで圧倒的なSEO効果が期待できるのです。と、それを知っていて登録しないのは、もったいないですよね?

では、早速登録!・・・・・

その前に、Yahoo!ディレクトリに登録するには、大きく分けて2つの方法がありますので、まずは以下をご覧下さい。

サイトの推薦 (無料)

サイトの推薦をクリックし、推薦画面へ行くことが出来ます。

こちらは、その名の通り登録したいと思ったサイトを推薦してあげるのです。自薦、他薦は問いませんので、自分のページを推薦しても結構ですし、素晴らしいと思ったサイトには他薦として、推薦をしてあげることも可能です。

こちらの推薦方式で行なうと、メリットとしては「無料」だということです。しかし、この推薦は非商用サイトに限られます。

Business Express (有料)

ビジネスエクスプレスもう1つの方法が、Business Express(ビジネスエクスプレス)を使うというパターンです。以前は商用サイトでも、推薦を行い審査を通れば、無料でYahoo!ディレクトリに登録されていましたが、現在では商用サイトは全て有料となってしまいました。

現在お持ちのサイトが、販売目的やビジネスサイトの場合は必ずこちらからの登録となります。(商用サイトの場合、いくらサイトの推薦を行なっても無料で登録されることはありません)

また、料金に関しましては、普通のサイトで1回につき5万2500円(うち消費税等2500円)、またYahoo! JAPANの指定する特別なカテゴリへの推薦は15万7500円(うち消費税等7500円) となります。(特別とは、アダルトサイトや健康食品系のサイトです)となっていますので、詳細を知りたい方は、Yahoo!Business Expressをご覧下さい。


さて、あなたはどちらからの登録を行ないますか?無料で推薦をするか、ビジネスエクスプレスを使って有料で登録を行なうか?方法は、2つに1つです。

そうそう、ここで1つお伝えしておかなければならない事があります。どちらの方法も、登録される保障が無いという事なのです。

無料の「サイトの推薦」ですが、申請を行なうとサーファーと呼ばれる方々が推薦されたサイトを細かくチェックします。そして、質、内容ともにYahoo!に登録しても問題ない!と判断された時点で登録が行なわれます。問題ありと判断された場合は、もちろん登録されません。

次に、有料版のビジネスエクスプレスですが、こちらは多くの方が勘違いをされているのですが、こちらも「サイトの推薦」同様、審査を行ない、登録されるか決定されます。なので、いくらお金を払ったからといって、登録されると思ったら大間違いです。

そして、登録されなかったら、残念!審査料の5万2500円は返って来ることはありません。5万2500円は登録料ではないのです。あくまで審査料です。


さあ、ここまででYahoo!ディレクトリへの登録の重要性は、十分にご理解いただけたかと思いますが、実際、登録前の審査の時点で考えちゃいますよね!

そこで、みなさん!
皆さんのパターンにあった最強のYahoo!登録対策法をお伝えいたしますので、真剣にYahoo!登録をお考えの方は、ご自身の登録方法を選択のうえ、次へお進み下さい。

無料推薦で登録する!最強のYahoo!登録対策法

ビジネスエクスプレスでYahoo!登録は気をつけて!

 
当サイトが週間SPA!より取材を受け「集客のキモ、SEOに効果的なテクニック!」として掲載されました。

週間SPA!より取材を受けました。

猿でも出来るSEO対策メニュー
SEO対策初心者はココから!
Yahoo!ディレクトリ登録でSEO
猿でも出来るSEO対策(基本編)
こんな事でもSEO対策
ちょっぴり高度なSEO対策
SEOスパム
便利なSEO対策ツールを紹介
免責事項とコンタクト
Powerd by Jigsaw
W3C CSS
W3C XHTML

上記の「W3CCSS」と「W3CXHTML」のバナーをそれぞれクリックしてみて下さい。もしW3C勧告に従い、正しいホームページ構成になっていれば、リンク先のようにバナーの使用を許可する文章が表示されます。ご自身でも調べてみたい方は、CSSを調査!でCSSが、HTMLを調査!でHTMLがそれぞれ調査できます。

上手く表示されない場合、セキュリティーソフトなどが問題となる場合があります。

クリックで救える命がある